かかりつけの病院の先生が代わっていた

親の代から通っているかかりつけの大阪城東区の皮膚科なら福永記念診療所お医者さんがあります。実家から1キロほどのところにありますが、私も子供の頃からいつもそこです。一応専門は内科なのですが、2歳3歳の頃から小児科専門ではないけど通っていました。ずっと一人の先生に診てもらっていたのですが、大人になってからあまり大阪生野区の病院なら生野愛和病院に行く機会もなくなったので、数年間その兵庫伊丹市の病院ならいたみホームクリニックに行かずにいました。大きな風邪をひいてしまって、数年ぶりにかかりつけの病院に行ってみたところ、見たことのない先生が診察椅子に座っていました。どうやら代が代わったらしく息子さんのようです。お医者さんにしても会社にしても私の勝手な印象として、2代目3代目の跡継ぎにはあまり良い印象を持っていません。だから大丈夫かなという不安な思いで診察を受けましたが、非常に穏やかな口調で丁寧な説明で、かかりつけ医としてはばっちりだなと思いました。私の父も70歳を過ぎているし、突然体調が崩れることが心配な年齢となってきましたので、こういうかかりつけの病院があるというのは非常に息子としても助かります。