病院のスタッフさんの対応について

じぶんは現在でありますが30歳の男性会社員をおこなっております。じぶんでありますが、去年に会社でいろいろとあり、それでメンタルを痛めてしまいました。城東区の皮膚科なら福永記念診療所の産業医のすすめでじぶんは心療内科に足を運ぶことにしたのです。その生野区の病院なら生野愛和病院先でじぶんはあることに気づいたのです。じぶんは現在でも伊丹市の病院ならいたみホームクリニックの心療内科の主治医にいろいろとカウンセリングを受けさせていただいております。それでいろいろと悩みなども聞いていただいておりますが、それでもじぶんの解決策には到達をすることはありませんでした。じぶんがカウンセリングを受けるときの待ち時間などに、看護士さんとよくお話をすることがあります。それは世間話などはなく、じぶんの悩みなどをいろいろと聞いてくれるのです。非常に親身になってきいてくれて、先生の話よりもこちらの看護師さんの話のほうがじぶんにとってでありますが、ほんとうに参考になっております。現在では先生と話をするよりも看護師さんと話をするために病院に足を運ぶような感覚であります!
風邪気味で高熱時には、かならず近所の個人病院で受診します。小さな病院なので、看護師の方も少なく、みんな顔見知りです。そこの先生は、年配の男性で一見強面ですが、とても熱心に診察してくださり、少しでも楽になるようにと、点滴や、注射を処方してくれます。点滴には決まりごとはありません。右腕なり、左腕なり、その時々で選びます。しかし、注射には決まりごとがあります。その決まりごとは、「注射の時は必ず、おしりに打つ」です。四つん這いになったり、横になったり、体勢は様々ですが、どの看護師さんも必ずおしりに注射してくれます。初めは照れ臭かったですが、この病院では、それがルールだと思っていました。ある日、知人男性がそこで診察を受けて、注射してもらったと聞きました。「おしり痛いよね」と聞くと、目を丸くします。どうやら、その決まりごとは私だけのようなのです。現在30代半ばとなりましたが、今でも注射の時にはおしりを出しています。

アフィリエイト相互リンク
|家計見直しクラブ|お家の見直ししま専科
|生命保険の選び方
|英語上達の秘訣|サプリメント|女性向けエステ.com
|生命保険の口コミ.COM|心の童話|ショッピングカート|内職 アルバイト
|英語上達の秘訣
|健康マニアによる無病ライフ
|マッサージのリアル口コミ.com
|オーディオ|JALカード
|クレジットカードの即日発行じゃけん
|